大泉学園複合施設

「「チームの構築」が仕事のやりがいとなった日」

Vol. 004平成29年12月

■職種:
作業療法士
■勤続年数:
8ヵ月

私は今までを振り返ってみると、専門職としての知識や技術を深め、患者様・ご家族様に還元できる「優秀なセラピスト」になること、それが自分の仕事のやりがいと楽しさでした。 しかし、そんな自分に今年の4月に大きな転機が訪れました。4月オープンの今の職場の立ち上げに関わらせて頂く中で、これまでほぼ経験したことの無かった、組織管理・運営、業務システムや他部門との連携の構築に取り組む機会を頂きました。本当にわからないことばかりの日々でしたが、責任感とやりがいを実感することができ、「自分が率先して発言・行動をする」という意識が高まり、大変でしたが意欲的に仕事に取り組むことができました。

現在は「主任」という役割も頂き、「優秀なセラピスト」を追求しつつも、「優秀なチーム」を作っていくことの楽しさと喜びが加わり、さらに充実した日々を過ごせています。今後も、自己研鑽とともに組織の成長に貢献していきたいと考えています。

「健育会グループで働いて感じた仕事のやりがい」へ戻る