大泉学園複合施設

「職種の壁を越えて敬老会の成功をおさめて」

Vol. 001平成29年9月

■職種:
理学療法士
■勤続年数:
5年

私はリハビリの専門性を学べる環境がある大泉学園複合施設で働く中で、自分に自信を付け、必要とされる人材になりたいと思い入職しました。その中で敬老祭の担当を指名して頂き、企画・運営・実行を行いました。敬老会は、患者さん・患者さん御家族に提供する初めての大きなイベントで、マニュアル・経験もなく、期間も短く、不安からのスタートでした。プレッシャーもありましたが患者さんファミリーファーストをコンセプトに作り上げていきました。今回、地域の阿波踊り団体の方に参加して頂いたり、神輿作りを多部門や患者さん、利用者さんと作り上げたりなど、病院、地域あげての敬老祭になるように取り組みました。

結果、当日、特に事故もなく、多くの方に参加して頂き。患者さんや利用者さん、そしてご家族の方々にも喜んで頂けて盛大に終えることができました。院長先生・ディレクターからも無事に成功したという評価を頂け、苦労した分、達成感・充実感は多く得ることが出来ました。

敬老会に携われた事で、職種の壁を越えて協力し取り組むことで、専門性以外で患者さん・患者さん御家族にも喜んで頂け、リハビリ以外でも力になれる事を学ぶことができ、視点が広がりました。今後も患者さん・患者さん御家族に喜んで頂けるイベントを企画し行動していくことが、また「やりがい」に繋がるだろうと思います。

「健育会グループで働いて感じた仕事のやりがい」へ戻る