募集職種・募集要項

前のページに戻る

大泉学園研修施設紹介

当施設は、日本リハビリテーション学会、日本脳卒中学会、と日本認知症学会の専門医を取得できる研修教育施設です。

超高齢社会の医療を実践するためには、上記専門医の取得が必須の時代となってきました。回復期リハビリテーション医療を実践する臨床基盤には、障害を生じる原因となった原疾患管理、老年性疾患の全身管理、そして、リハビリテーション治療管理の3つの柱が必要です。このため、教育指導医師スタッフはリハビリテーション専門医2名&指導責任者1名、脳卒中専門医1名、脳外科専門医2名、整形外科専門医1名、呼吸器専門医1名、総合内科専門医1名、循環器系外科専門医1名、脳循環代謝学会評議員1名、脳ドック学会評議員1名の常勤体制で、脳血管疾患、運動器疾患、内部疾患廃用症候群に対するリハビリテーションの専門家を育成しております。

特に、ニューロリハビリテーションを得意にしており、脳画像診断に基づく機能予後予測やneuromodulationの応用や各種治療機器の開発・活用を実践しておりますが、必要とされるあらゆるリハビリテーションに対応できる治療と教育研修が可能です。また、当複合施設は老健(ライフサポートねりま)を併設しているため、慢性期患者への短期入所リハビリテーションや認知症治療、さらに、患者の意向を尊重した意思決定による看取り体制も整備しており、研修可能です。

回復期リハビリテーション病棟勤務医は、チーム医療のリーダー(チームリーダー)となることが必要ですので、臨床管理教育支援体制も整備しております。さらに、学会発表、論文執筆も希望に応じて推奨しています。看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、管理栄養士、薬剤師、放射線技師の研修教育支援体制も整備しております。

回復期リハビリテーションセンター指導医師

指導責任者:
酒向 正春 (センター長:脳外科・脳卒中・リハビリテーション・認知症専門医)
スタッフ :
大角 淳一(副部長:整形外科・リハビリテーション専門医)
鈴木 孝征(医長:脳外科専門医)
竹川 英徳(医長:呼吸器・総合内科専門医)
末田 智紀(医長:循環器系外科専門医)
井添 洋輔(医長:プライマリ・ケア認定医、産業医)

参考活動

平成25年
NHK プロフェッショナル〜仕事の流儀〜 第200回
「希望のリハビリ、ともに闘い抜く リハビリ医 酒向正春」
平成26年
著書「あきらめない力」(主婦と生活社)
平成26年
「健康・医療・福祉のまちづくりの推進ガイドライン」策定(国土交通省都市局)
平成27年
NHK 視点・論点 「攻めのリハビリ 酒向正春」
平成28年
監修:コツさえわかればあなたにも読める「リハに役立つ脳画像」(MEDICAL VIEW)
平成30年
著書「患者の心がけ 早く治る人は何が違う?」
平成30年
NHK 視点・論点 「医療と街づくり 酒向正春」
募集職種
医師(病院)
仕事内容
外来・病棟
雇用形態
常勤(パート応相談)
雇用期間
定めなし
勤務地
ねりま健育会病院(東京都練馬区大泉学園町7丁目3番28号)
勤務時間
AM8:45~PM5:30 (うち休憩1時間)
※勤務の時間帯は変更の可能性あり
休日・休暇
週休2日制 ※夏休み・年末年始
給与
応相談
待遇・福利厚生
試用期間
応募書類
履歴書(写真添付)・職務経歴書・医師免許証
応募方法
採用担当まで、応募フォームまたは、お電話にてご連絡ください。
電話

03-5935-6102

[受付時間] 月曜日〜金曜日 9:00〜17:00

その他
ジョブローテーションの一環として、ねりま健育会病院・ライフサポートねりま内での配属・異動の可能性がございます。
お問い合わせ先
東京都練馬区大泉学園町7丁目3番28号 医療法人社団 健育会 大泉学園複合施設
TEL:03-5935-6102