大泉学園複合施設

リハビリテーション部

ねりま健育会病院 リハビリテーション部責任者(予定) 二瓶 太志 ねりま健育会病院 リハビリテーション部責任者(予定) 二瓶 太志
患者さんの能力を最大限引き出す「攻めのリハビリ」を酒向Drとともに実践します。最高のチームアプローチと専門性が共存する病院にしたいと思っています。職種間の垣根なくコミュニケーションや情報共有が図れるように、病棟配属やカンファレンスなどのシステムの構築や、電子カルテの活用をしていきます。加えて、新しい機器や治療技術を積極的に取り入れて各部門の専門性の確立をしていきたいと考えています。
質の高い回復期リハビリテーションに加え、幅広い領域を経験できることも特徴です。大泉学園複合施設は回復期病院と老健、通所リハ、訪問リハを併設し、リハビリテーションを総合的に学べます。また、練馬区の地域包括ケアモデルの中核を担うことを目指しており、地域ともよりよい連携を構築していけるよう、取り組んでいきたいと考えています。
こういった仕組みづくりから自分たちで考えていけることも、新しい病院だからこそです。これから加わって頂く皆さんとともに、新しい歩みを進めていきたいと思います。
リハビリテーション部 リハビリテーション部
リハビリテーション部
学生の皆さんへ
何よりも、自分たちで一から文化をつくっていけるところ。同期入職のスタッフも多く、新しい出会いがたくさんあります。また、単純に、新しい病院はとてもキレイ!建て替えや増築とも違う、新設ならではの空気、清潔感は、他ではなかなか味わえません。                
研修体制については、立ち上げですが、各部門には、学会のシンポジスト、講習会や養成校での講師を担ったことのある経験豊富なスタッフが揃っています。また、様々な治療手技にも精通しています。そういったスタッフが中心となって、入職時研修、部門内研修を担当していきます。また、臨床においても、OJTとしてプリセプターやケースバイザー制を取り入れて、現場で指導を受けながら学んでいける体制をとっていきます。