大泉学園複合施設とは

卓越したリハビリテーション医療心温まるホスピタリティ

大泉学園複合施設は、回復期リハビリテーションセンター(ねりま健育会病院)、介護老人保健施設(ライフサポートねりま)、訪問看護、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーション、居宅介護支援事業所の機能を有し、練馬区の回復期と慢性期リハビリテーション機能を担います。

看護師、介護福祉士が患者さんの生活をしっかり支え、医師が原疾患と全身状態を管理し、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、歯科衛生士、薬剤師、管理栄養士とともに、ホスピタティ溢れる「攻めのリハビリテーション」を実践します。

回復期リハビリテーションセンターは、リハビリテーション専門医&指導責任者、脳卒中専門医、脳外科専門医、認知症学会専門医、整形外科専門医、脳循環代謝学会評議員、脳ドック学会評議員、呼吸器専門医、循環器専門医、総合内科専門医の常勤体制で、脳血管・運動器・内部疾患廃用症候群に対するリハビリテーションを実践します。

老健では、慢性期患者への短期入所リハビリテーションや認知症治療による能力向上での自宅退院、さらに、患者の意向を尊重した意思決定による見取り体制も整備しています。

また、練馬区と連携して、練馬健康医療福祉都市構想委員会を設立し、地域住民の皆様が住み慣れた環境で、安心、安全、快適に生活を継続できるように、退院後にも卓越したリハビリテーション医療と心温まるホスピタリティを提供し、急性期・回復期・慢性期の地域医療介護連携と社会参加や社会貢献できる街づくりを進めています。

卓越したリハビリテーション医療心温まるホスピタリティ

看護部メッセージ

看護部 伊藤 憲次看護部 伊藤 憲次
看護部門では多くのスタッフのアイデアを駆使して皆様の生活の再建に努めます。単に病気や障害の看護ではなく、患者さん、ご家族と一緒になってより良い生活、楽しみのある生活を目指します。

リハビリテーション部メッセージ

リハビリテーション部 二瓶 太志二瓶 太志
患者さんやご利用者が、その人らしく活き活きと生活していけるよう、能力を最大限引き出す「攻めのリハビリ」を酒向Drとともに実践します。最新のリハビリ機器や治療技術も積極的に取り入れて専門的なリハビリテーションを提供するとともに、他職種とも連携して最高のチームアプローチを実施していきます。